FX

【画像あり】FTXのアプリのダウンロード方法と使い方を解説

FTXのアプリ

スマホでFTXのトレードやチャートの確認をしたい方は、多いでしょう。
原則としては、FTXのトレードはパソコンの画面上の方が向きます。
あらゆる情報を様々な方向から検討して、論理的に売買を行うには大画面の方が適するためです。

しかし隙間の時間でのチャートの確認やビットコインの購入には、スマホアプリは欠かせません。
そこでスマホでFTXのトレードする時に必須なのが、FTXのスマホ専用アプリです。

本記事では、FTXアプリのダウンロード方法・使い方・取引の種類などをご説明します。
合わせて、FTXのアプリユーザーの良い口コミと悪い口コミも確認しておきましょう。

\入出金手数料無料/

レバレッジ最大101倍!

FTXのアプリのダウンロード方法

アプリダウンロード

FTXの使いにくいと評判だったモバイルアプリがリニューアルされ、「FTX Pro」となりました。

FTXのスマホアプリの機能は、次の表でご確認いただけます。
パソコンでのトレード同様、円建てできない点が残念です。

資産状況確認 可能
日本円入出金 不可
通貨ペア取引 可能
現物取引 可能
先物取引 可能
先物取引 可能

「FTX Pro」のリリースに伴い、旧アプリのメンテナンスは終了しますので、ご留意ください。
旧アプリで問題が発生しても、FTXは一切の責任を負いません。

旧アプリではAndroidとiPhoneの両方に対応していましたが、新アプリ「FTX Pro」はそれぞれの機種に応じたダウンロードが必要です。

またFTXの専用アプリは、無料でダウンロードができます。
FTXアプリの利用で、外出先でも仮想通貨の情報の確認や注文ができて便利です。

FTXの新アプリは使いやすい仕様で、他社とあまり変わりません。
ここでは、Android用とiPhone用の各FTXアプリのダウンロード方法をご説明します。

(1)Android

Android用スマートフォンへのアプリのダウンロードは、下記の3種類から可能です。

  • Google Play Store
  • Chrome
  • APK

ここでは、それぞれのダウンロード方法をご説明します。

①Google Play Store

Google Play Store

FTXアプリのGoogle Play Store版の基本スペックは、次のようになります。

販売元 FTX Trading Ltd
サイズ 18M
互換性 4.1以上
日本語対応 なし。翻訳機能の活用で日本語に対応する。
価格 無料

②Chrome

Chrome上でもFTXアプリをダウンロードできますが、旧アプリにのみ対応しているので、ご留意ください。

2019年10月3日以前にFTXアプリをダウンロードした場合は、今お持ちのアプリを一旦削除します。
そして、再度FTXアプリのダウンロードをしてください。

1.AndroidスマートフォンのChromeブラウザで、ftx.comにアクセスします。
Chrome以外のブラウザでは有効ではありませんので、ご注意ください。

2.Chromeでのメニューボタンを押します。
メニューボタンは下記の画像の、右上にある上下に並んだ3つの点です。

メニューボタン

3. 「Add to Home Screen」を選び、クリックします。

Add to Home Screen

4.ホームスクリーンでFTXアプリを開いて、確認します。

③APK

AndroidスマートフォンからFTXアプリファイルのダウンロードも可能です。
こちらのリンクをクリックして、ダウンロードいただけます。

以下の画像のようなQRコードが表示されるので、QRコードを読み取り、ダウンロードします。

QRコード

(2)iPhone

iPhone

iPhone用のFTXアプリは、App StoreとSafari上でダウンロードできます。
ここでは、各ダウンロード方法を確認しましょう。

①App Store

FTXアプリ

FTXアプリは、下記のリンクからApp Storeでダウンロード可能です。
https://apps.apple.com/be/app/ftx-pro/id1512374471

中国のApp Storeでは、FTXアプリの利用は不可なのでご注意ください。

FTXアプリのApp Store版のスペックは、下記の表でご確認いただきます。

販売元 FTX Trading Ltd
サイズ 31.8MB
互換性 IOS 10.0以降、
IPhone・iPad・iPod touch対応
日本語対応 なし。翻訳機能の活用で日本語に対応する。
価格 無料

FTXアプリは日本語に対応していません。
しかし、「Google 翻訳」の機能で日本語に翻訳できます。
外国語ができなくても操作できるので、心配は不要でしょう。

②Safari

SafariからもFTXのアプリをダウンロードできますが、旧FTX アプリしか対応していないので、ご留意ください。

1.まず、iPhoneのSafari上でftx.comにアクセスします。
Safari以外のブラウザでは有効ではありませんので、ご注意ください。

2.下記の画像の↑の付いた□をクリックします。

シェアボタン

3.下記の画像の「Add to Home Screen」をクリックしてください。
「Add to Home Screen」は、「ホーム画面に追加」の意味です。

ホーム画面に追加 ホーム画面に追加 ホーム画面に追加

4.表示された画面の右上の「追加」をクリックして、ダウンロードします。

5.ホームスクリーンに戻り、FTXアプリの動作確認をしてください。

FTXアプリの使い方

FTX専用のスマートフォンアプリは、パソコン版の画面と全く変わらない使い方ができます。
そのため、通常通りの設定や取引が可能です。

ログイン

パソコン上と同様に、FTXにログインしてください。

アプリ画面

上記の画像は英語なので、各用語の日本語対応を次に記載します。

Futures:先物契約
Move:先物のような契約(短期売買)
Spot:スポット市場(現物取引)
Leveraged Token:レバレッジトークン(トークン)

取引画面も以下の画像のように表示され、パソコン版と変わらず見やすい仕様です。

取引画面

取引画面では「買い」と「売り」、それぞれの直近値が表示されます。
FTXアプリでも、パソコン版と同じ種類の選択が可能です。

User画面

またUser画面にて、次の3点も行えます。

  • メインアカウント以外にサブアカウントの作成
  • サブアカウントへの切り替え
  • アカウント間での資金移動

サブアカウントに切り替えた際に、現在確認しているアカウントが分かりやすく表示される点も便利です。

スマホの画面下部に「市場」や「取引」のタブがあり、タップすると簡単に市場の確認や売買ができます。

FTXアプリは、他の業者とあまり変わらない使い勝手の良い商品と言えるでしょう。

\入出金手数料無料/

レバレッジ最大101倍!

FTXが取り扱う商品

FTXは、デリバリティブ商品の豊富さとレベレッジトークンが特徴の仮想通貨取引所です。
FTXアプリでも全ての取り扱い商品・銘柄が利用できますので、ご紹介します。

FTXでの取引方法は、下記の全3種類ですので詳細を見ていきましょう。

  • 現物取引
  • 先物契約
  • レベレッジトークン


(1)現物取引

現物取引は、FTXアプリの「Spot」(スポット市場)から取引できます。

「Spot」をクリックして、通貨ペアをお選びください。
たとえばXRPを取引する場合は、画面から「XRP」をクリックします。
そして取引する通貨を選択して、取引画面に移り、トレードを開始してください。

トレード画面での扱い方は、簡単です。
まずは「買い」または「売り」の設定と注文タイプの決定をします。

注文時価格を指定する指値注文のトレードの際には、トリガー価格*1と取引量*2を入力しましょう。

*1:トリガー価格とは、注文時価格を意味します。
*2:取引量は注文量のことです。

トリガー価格と取引量を入力後、「注文」をクリックしたら取引を完了できます。

なお成行注文などを活用する場合は、トリガー価格の入力は不要です。

取引終了後、ウォレットで取引ができているか確認すると良いでしょう。

現物で取引するため、取引完了後にはウォレット間で残高が移動しています。

(2)先物契約

FTXアプリの「Futures」(先物契約)から、先物契約の取引を実行できます。

画面で取引をする通貨を選択し、「Futures」(先物契約)をクリックしてください。
そして「PERP」(無期限契約)または先物の日付を選択して、トレードを開始します。

次に「買い」または「売り」の設定と注文タイプを決定しましょう。
トリガー価格と取引量を入力し、「注文」をクリックして取引を行います。

現物取引の大きな違いは、先物契約ではレバレッジをかけて取引できる点です。
先物契約(Futures)のうち、無期限契約(PERP)では最大101倍までのレバレッジの適用ができます。

また、ポジションのクローズも簡単です。
取引画面上で保有中のポジションの一覧が閲覧できるので、「市場終了」を選択します。
表示されるポップアップの「はい」をクリックして、ポジションをクローズしてください。

(3)レバレッジトークン

レバレッジトークンとは、ERC20規格のレバレッジやポジションをあらかじめ設定した商品です。

レバレッジトークンを現物取引することで、実質的に証拠金不要で証拠金取引ができます。
強制ロスカットがない点が利点ですが、通常のマージン取引より損益幅が広いのでご注意ください。

FTXは、下記の5種類のレバレッジトークンを用意しています。

種類 レバレッジ倍率 ポジション
MOON 10 ロング
BULL 3 ロング
DOOM 10 ショート
BEAR 3 ショート
HEDGE 1 ショート

レバレッジトークンは、FTXアプリの「Tokens」(トークン)から取引できます。
「Tokens」(トークン)をクリックし、取引したいレバレッジトークンをお選びください。

そして、「買い」または「売り」の選択と注文タイプの決定を行います。
続いてトリガー価格と注文量を入力して、「注文」をクリックし取引を開始しましょう。

取引終了後は、ウォレットで取引ができているかの確認をおすすめします。

なお現在FTXがレベレッジトークンを提供しているのは、以下の22銘柄です。

レベレッジトークン提供銘柄
  • Algorand(ALGO)
  • ADA(ATOM)
  • ATOM(ATOM)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • バイナンスコイン(BNB)
  • ビットコインSV(BSV)
  • ビットコインボラリティトークン(BVOL)
  • インバースビットコインボラリティトークン(IBVOL)
  • ビットマックス(BTMX)
  • DOGE(DOGE)
  • EOS(EOS)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • イーサリアム(ETH)
  • フォビートークン(HT)
  • LEO(LEO)
  • ライトコイン(LTC)
  • LINKCHain(LINK)
  • Matic(Matic)
  • OKB(OKB)
  • TRON(TRX)
  • テザー(USDT)
  • XRP(XRP)

FTX アプリの口コミ

では、実際にFTXアプリを使用中のトレーダーの方は、どう感じているのでしょうか?

良い口コミ

他社のスマホアプリやFTXの旧アプリを使いにくく感じる人からも、良い評判が多くあります。
FTXアプリは使い勝手が良いので、取引に集中できるとのことです。

悪い口コミ

反面で、FTXのアプリを使いにくく感じるトレーダーの方の声もあります。
「FTX Proアプリの注文版が更新されない」というトラブル報告もありました。

操作性の感じ方は、ユーザーによって異なります。
そのためFTXアプリに興味のある方は、無料でダウンロード可能なので、一度お試しになってはいかがでしょうか?

まとめ:FTXアプリは使いやすくて便利

FTXの新アプリ「FTX Pro」は他の業者に遜色のない、使いやすい商品となっています。
ただしAndroid版ならGoogle Play Store、iPhone版ならApp Storeからしか、FTX新アプリはダウンロードできません。

Chrome・APK・Safariからは旧アプリのみダウンロード可能なので、ご留意ください。

FTXアプリは、ブラウザ版と全く同じように使用でき、取引にストレスがありません。
外出時に市場の確認や注文をするには、FTX アプリは持っておきたい便利なアイテムでしょう。

なおFTXアプリを紹介リンクから登録すると、手数料が5%割引になります。
キャンペーンの終了日時は発表されていないので、お早めに行動されると良いでしょう。

\入出金手数料無料/

レバレッジ最大101倍!

トレードオタクが選ぶ海外FX14社ボーナスランキング&比較はコチラ