FX

仮想通貨取引所FTXの登録・口座開設方法・概要・特徴を解説

仮想通貨取引所FTXの登録・口座開設方法・概要

デリバリティブ取引*1や「レバレッジトークン」での取引などバラエティの豊富さを誇る、FTXに登録・口座開設を検討される方は多いのではないでしょうか?
FTXは完全に日本語対応のため、言葉の壁がない点も魅力です。

本記事ではFTXにスムーズに登録できるよう、口座開設の手順をご紹介します。
FTXの概要や特徴も併せてご説明するので、ぜひ把握しておいてください。

*1:デリバリティブ
金融派生商品のことで、株式・債権・金利・通貨・金・原油などの価格を基準として価値を決定します。
デリバリティブ取引とは、先物取引やオプション取引を指します。

\入出金手数料無料/

レバレッジ最大101倍!

仮想通貨取引所FTXの概要・登録・口座開設方法とは?

ここでは、FTXの概要をご説明します。
合わせてFTXの登録・口座開設方法も解説しますので、即FTXで口座を登録できるでしょう。

(1)仮想通貨取引所FTXの概要

FTXは2019年4月に設立された、豊富な金融商品の取り扱いが魅力のデリバリティブ取引所です。
34種類の仮想通貨の現物取引に加え、先物取引や独自のレバレッジトークン・インデックス・市場予測などが用意されています。

アメリカ合衆国の大統領選挙の結果など、ユニークな商品の取扱にも注目です。
トレーダーの投資スタイルに合わせた商品選びができるので、便利でしょう。

最大の特徴はレバレッジトークンで、世界最大の海外取引所である「Binance(バイナンス)」との提携も大きな話題となりました。
BinanceはFTXに対して戦略的出資をしており、FTX独自のトークン「FTT」がBinanceに上場するなど、FTXは注目の取引所です。

運営会社 FTX Trading LTD
会社所在地 アンティグア・バーブーダ
代表 サム・バンクマンフリード
取扱銘柄数 39種類
最大レバレッジ 101倍
日本語対応 あり
スマホ・タブレットアプリ あり

FTXの代表であるサム・バンクマンフリードは、親会社の「アラメダ・リサーチ」でも代表を務めています。
アラメダ・リサーチは世界最大級の仮想通貨取引所であるビットメックスのリーダーボートの常連です。

FTX自体は新しい取引所ですが、親会社がアラメダ・リサーチであることから、彼らの実力はお墨付きでしょう。

(2)仮想通貨取引所FTXの登録・口座開設方法

ここでは、FTXの登録・口座開設方法を実際的に解説します。
まずは、FTXのKYCレベル(本人確認認証レベル)による口座の違いを把握しましょう。

FTXには4つのKYCレベルが存在し、それぞれサービス範囲が異なります。
KYCレベルは、登録内容や証明書類の提出によって決定しますが、手続き自体は簡単です。

大半の方は、KYCレベル1でも十分でしょう。
KYCレベル1までは、証明書類が不要です。

KYCレベル 登録内容・提出書類 出金上限
KYCレベル0
  • メールアドレス
1,000 USD(合計・更新なし)
KYCレベル1
  • メールアドレス
  • 氏名
  • 居住国と都道府県
2,000 USD /日

トレード額の方が送金額よりも大きければ9,000 USD/日

日々2,000〜9,000 USD相当を引き出せるFTXトークンの購入が可能

KYCレベル2
  • KYCレベル1の登録内容
  • 氏名(通称不可)
  • 生年月日
  • 出身地
  • 住所
  • 居住地証明
  • 原資産の内訳
  • パスポートまたは同等の政府発行の身分証明書
  • 身分証明書+提出日の日付+「FTX」と書かれた手書きの紙を持った自撮り
無制限の仮想通貨での出金
KYCレベル3
  • KYCレベル2の登録・提出内容
  • 直近の銀行取引明細書

*法定通貨の入出金をする銀行口座の取引明細書に限ります。

無制限で法定通貨を銀行から直接入出金可能

詳細は、下記の公式リンクにてご覧ください。
KYC申請提出方法も、ご確認いただけます。
https://help.ftx.com/hc/ja/articles/360051037351-個人アカウントのKYC

①必要情報の入力

1.まずは、FTXのホームページへアクセスしてください。

2.FTXのホームページの右上の「Register(登録)」をクリックして、アカウント作成をします。

Register

3.表示されるポップアップにメールアドレスとパスワードを入力します。

sign up

なお以下の条件を満たしたパスワードを作成してください。

  • 8文字以上
  • 大文字・小文字を最低1つずつ含む半角英字
  • 特殊文字を最低1つ含有

「メールアドレス」と「パスワード」のみの入力で、登録完了です。

FTXへの登録によって、合計1,000USDの出金が可能になりました!

②二段階認証の設定

続いて、二段階認証を設定します。
二段階認証の設定により、メールアドレスとパスワードに加え、ログイン時にワンタイムパスワードの入力が必須になります。
不正ログインなどのリスクを大幅に下げるシステムなので、二段階認証は設定しておきましょう!
また二段階認証を設定せずに資産を盗まれた場合は、自己責任とみなされる確率が高いので、ご注意ください。

1.「プロフィール設定ページ」から「設定」をクリックしてください。

2.現時点では「二段階認証(2FA)」は「有効化されませんでした」となっています。
そのため、右側の矢印をクリックして設定をしてください。

二段階認証は、アプリを使用するか、SMSでの認証コード送信か選択できます。

  • Authy/Google Authenticator
  • SMS

よりセキュリティを強化するには、アプリの使用をおすすめします。

セキュリティ

Authy/Google Authenticatorの利用には、事前に専用アプリのインストールをしてください。
Authy/Google Authenticatorを選択すると表示されるQRコードを、専用アプリで読み込みます。
そして自動的に表示された二段階認証用のパスワードをFTXで入力して、完了です!

なお、QRコードのバックアップを習慣にしましょう。
認証アプリの削除や機種変更の時に、QRコードのバックアップが無いと、二段階認証コードが表示できません。お気をつけください!

③本人確認

1,000USD以上に出金する場合は、氏名・居住国と都道府県の入力も必要です。

1.ホーム画面メニューの「ウォレット」次に「本人認証(Identity Verification)」をクリックしてください。

本人認証

2.「本人認証」に下記の情報を入力します。

  • 氏名
  • 居住国
  • 都道府県
情報を提示する

3.入力内容に間違いがなければ、「情報を提示する(SUBMIT INFORMATION)」をクリックしましょう。

本人認証の完了でKYCレベル1となり、日々2,000USDまで出金が可能になりました。

KYCレベル2をパスして無制限に出金したい場合は、続けて登録を行います。

次の情報の入力と証明書類をアップロードしてください。

必要な情報と証明書類
  • 法的な名前(パスワードなどの個人証明書類に記載されている通りに入力)
  • 生年月日
  • 生誕地
  • 個人資産の内訳
  • 住所
  • 住所の証明*2(書類のアップロード)
  • パスポートまたは同等の政府が発行した身分証明書(アップロード)
  • 身分証明書のナンバーと発行国
  • 提出日の日付けと「FTX」を紙に記載し、IDと共に自撮りした写真(アップロード)

*2:住所の証明には、公共料金請求書や銀行取引明細書などが求められます。

アップロード

書類のアップロードが必要なので、先に用意しておくとスムーズに提出できるでしょう。

\入出金手数料無料/

レバレッジ最大101倍!

FTX登録・口座開設の決め手となる特徴

FTXに登録・口座開設する決め手は、何でしょうか?

FTXには「レバレッジトークン」と呼ばれる、ERC-20規格の特殊なトークンがあります。
あらかじめ定められたレバレッジを適用したポジション自体がトークンとなったものが、「レバレッジトークン」です。

ここでは、FTX最大の特徴である「レバレッジトークン」の具体的な特質を確認しましょう。
あわせてFTXが提供するレバレッジトークンの銘柄もご紹介します。


(1)FTX最大の特徴「レバレッジトークン」

レバレッジトークンを使用すると証拠金不要で、現物取引において実質的な証拠金取引が可能です。
またレバレッジトークンにはレバレッジ倍率の再調整機能が付随するため、大きな損失の発生時にも強制ロスカットがありません。

レバレッジトークンは、毎日日本時間の午前11時にリバランス*3が入る仕組みです。
利益の発生時はレバレッジトークンを買い増し、損益の発生時はレバレッジトークンを売り戻します。
リバランスすることで、レバレッジを当初と同じ水準に調整する機能です。

*3:リバランス
定められた時間(レバレッジトークンでは11時)に利確または損切りを自動的に行い、ポジションをリセットする機能のこと。

たとえば1ETH=200ドルとして、ETHBULLトークンを10,000ドル分購入すると仮定しましょう。
BULLトークンは3倍ロングポジションなので、10,000÷200×3=150ETHと計算になります。
総資産額(NAV)は、借りた額-20,000ドル+エクスポージャー150ETHx200ドル=10,000ドルです。

1ETH=210ドルに上昇すると、NAV=-20,000ドル+(150×210)ドル=11,500ドルです。
エクスポージャーは31,500ドルとなり、レバレッジ倍率は2.74倍に下がります。

レバレッジ倍率を3倍に戻すため、ETHBULLトークンはトークンを自動で買い増しします。
買い増しには、価格上昇に従って生じた余剰利益の一部が利用されます。

レバレッジトークンを使用して取引すると、マージン取引よりも利益が大きくなります。
反面で損失も大きくなるので、注意が必要です。

たとえば、トークンAが1日につき15%、2日で合計30%上昇すると仮定しましょう。
すると、マージン取引では利益も元のエクスポージャーの30%分です。

対してレバレッジトークンでは、1日目の15%上昇によるリバランスが入ります。
そのためエクスポージャーが上昇し、2日目は初日比の32.25%です。

よって、上手く行けばより多くの利益を獲得できますが、損失を被る場合もより大きくなります。
リバランスゆえに生じる損益幅の広さには、くれぐれもご注意ください。

(2)FTXが提供するレバレッジトークンの銘柄

FTXには、下記の5種類のレバレッジトークンが設けられています。

  • MOON(レバレッジ10倍・ロング)
  • BULL(レバレッジ3倍・ロング)
  • HEDGE(レバレッジ1倍・ショート)
  • BEAR(レバレッジ3倍・ショート)
  • DOOM(レバレッジ10倍・ショート)

レバレッジトークンは22通貨が用意されており、主要なアルトコインからインバースビットコインボラリティトークンからお選びいただけます。

FTXがレバレッジトークンを提供している銘柄は、下記にてご確認ください。

  • Algorand(ALGO)
  • ADA(ATOM)
  • ATOM(ATOM)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • バイナンスコイン(BNB)
  • ビットコインSV(BSV)
  • ビットコインボラリティトークン(BVOL)
  • インバースビットコインボラリティトークン(IBVOL)
  • ビットマックス(BTMX)
  • ドージコイン(DOGE)
  • EOS(EOS)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • イーサリアム(ETH)
  • フォビトークン(HT)
  • LEO(LEO)
  • ライトコイン(LTC)
  • LINKCHain(LINK)
  • Matic(Matic)
  • OKB(OKB)
  • トロン(TRX)
  • デザー(USDT)
  • リップル(XRP)

まとめ:FTXに登録・口座開設をして利益を上げよう!!

FTXはデリバリティブ商品の取扱が豊富で、FTX最大の特徴であるレバレッジトークンを使用できます。

FTXへの登録・口座開設は難しくはなく、日々2,000USDの出金までであれば書類の提出も不要です。
メールアドレス・氏名・居住国と都道府県の入力だけで、登録が完了します。
仮想通貨取引をする方はFTX口座を作っておいて損はないでしょう。

\入出金手数料無料/

レバレッジ最大101倍!

トレードオタクが選ぶ海外FX14社ボーナスランキング&比較はコチラ