Bybit

Bybit(バイビット)のスプレッドはどのくらい?他社と比較してお得?

Bybitスプレッド

仮想通貨取引を検討するにあたって、スプレッドの差を大切に考えていませんか?

その考えは、とても重要なことです。

トレードを重ねていくうえで、仮に勝率と利幅が同じであれば、投資成績の有無を分けるのはスプレッドを含めた「コストの差」になります。

もちろん、レバレッジ倍率や取り扱い通貨なども考慮に入れるべきですが、スプレッドについても十分に比較したうえで、仮想通貨取引所を選びましょう。

今回の記事では、2018年の設立以降、多くのユーザーを獲得し続けているBybitのスプレッドについて紹介していきます。

この記事を読めば、

  • Bybitのスプレッド
  • 他の取引所とのスプレッド比較
  • Bybitのスプレッドについての評判

がわかります。

\登録人数120万人以上!/

レバレッジ最大100倍!

Bybitの特徴

Bybit

Bybitは2018年に設立された仮想通貨FX取引所です。

デリバティブ取引に強みのある取引所で、レバレッジ(取引倍率)を最大100倍までかけて取引出来る点に魅力があります。

レバレッジが最大100倍というと、例えば1万円の入金があれば1万円の資金で100万円分の取引が出来る、という事になります。

リスクは高いですが、その分利益は爆発的に増えます。

またBybitの代表者が日本の早稲田大学出身なので、日本語に対応しており、カスタマーサポートも日本語で受けられるので、英語が苦手な人でも安心して利用できます。

ほかにも、

  • 追加保証金がない
  • サーバーが軽く、スムーズに取引できる
  • セキュリティが強固
  • 手数料が安い、あるいは取引内容によっては手数料がもらえる

といった魅力があります。

スプレッドとは

スプレッド

スプレッドとは、買値と売値の差額のことをいいます。

ほとんどの場合は、買値の方が売値よりも高くなっており、購入した直後に売ると、スプレッド分損するようになっています。

このスプレッドの差額が大きいほど、トレードで利益が生み出しづらくなってしまいます。

利益分が、スプレッドというコストによって相殺されてしまうからです。

そのため、スプレッドは仮想通貨取引所を選ぶにおいて大切な観点になります。

Bybitと他の取引所とのスプレッド比較

それでは、Bybitのスプレッドと他の仮想通貨取引所のスプレッドとを比較していきましょう。

ビットコインのスプレッド比較表
取引所名 買値(ask) 売値(bid) スプレッド
Bybit 3,207,516円 3,207,464円 52円
DMM Bitcoin 3,231,245円 3,187,095円 44,150円
GMOコイン 3,262,443円 3,132,826円 129,617円
BITPoint 3,230,779円 3,223,070円 7,709円
イーサリアムのスプレッド比較表
取引所名 買値(ask) 売値(bid) スプレッド
Bybit 131,700円 131,664円 36円
DMM Bitcoin 133,574円 129,589円 3,985円
GMOコイン 134,042円 128,550円 5,492円
BITPoint 133,458円 130,000円 3,458円
リップルコインのスプレッド比較表
取引所名 買値(ask) 売値(bid) スプレッド
Bybit 26.29円 26.28円 0.01円
DMM Bitcoin 30.9円 21.67円 9.23円
GMOコイン 27.845円 128,550円 3.155円
BITPoint 26.7円 26.28円 0.42円

Bybitで取り扱いのある仮想通貨を用いて、様々な仮想通貨取引所のスプレッド比較をしました。

Bybitと他の取引所とでは、比較にならないほどスプレッドの差が開いていますね!

それだけ、Bybitで取引をするのはコスト面でも有利です。

Bybitのスプレッドについての口コミ

Bybitのスプレッドがお得なことは、仮想通貨トレーダーの方にとても好感を持たれています。

口コミや評判をこちらで紹介していきます。


Bybitのスプレッドが低いので、短期売買において非常に優位性があるというポジティブな声もあります。


GMOコインのスプレッドの広さをネガティブに捉えて、Bybitを使おうという声もあります。


仮想通貨取引所をBybitに切り替えたことでスプレッド分が有利になり、投資成績が伸びたという声もあります。

BybitのスプレッドについてのQ&A

ここでは、Bybitのスプレッドについてよくある質問をQ&A形式でまとめます。

(1)「手数料無料」と書かれていてもスプレッドはあるの?

スプレッドは必ず存在します。

これはBybitに限らず、他の取引所でも同じです。

スプレッドは冒頭でお伝えした通り、買値と売値の差額がスプレッドとなります。

そのため、手数料無料を謳っている仮想通貨取引所でも、必ずスプレッドの水準は確認するようにしましょう。

(2)なんでスプレッドについて考えないといけないの?

スプレッドは取引コストになるので、

  • そのまま投資成績・利益に直結する
  • 指値注文が約定されない可能性がある

の理由から、スプレッドについて考えることは必要不可欠なのです。

Bybitと他の取引所との比較を見た通り、他の取引所ではスプレッドが割と大きいです。

そのため、例えば買いポジションでトレードした場合は、購入した時の時価に加えてスプレッド分以上のプラスが出ている状態で利益確定の決済をしないと、利益が出ません。

スプレッドの幅が狭い取引所を利用すれば、少しの価格変動で利益が出やすくなるので、スタートラインの時点で有利に立つことが出来ます。

また、スプレッドを考慮せずに指値注文を出していると、価格がその値段まで到達したと思っても、スプレッド分が足りずに決済されない、という事もあります。

これらの理由から、スプレッドについて考慮しないといけないのです。

(3)スプレッドはなんで広がるの?

  • 相場が不安定
  • 取引所の利益確保

が原因です。

前者については、相場が不安定な状態になるとスプレッドの幅が広がりやすくなります。

特に取引量の少ないマイナーな通貨は価格変動が激しくなりやすく、スプレッドの幅が広がりやすくなります。

こうした不安定な相場だと取引業者の方も収益の確保が難しくなるようです。

そのため、後者のようにスプレッドの幅を広げることで損失の限定、ある程度の利益確保を図っている業者もあるようです。

まとめ

今回の記事ではスプレッドの定義について、Bybitと他の取引所とのスプレッド比較、Bybitのスプレッドについての評判・口コミについてなどをまとめて解説しました。

他の取引所と比較してもBybitのスプレッドは幅が非常に狭く、スプレッドの面で非常に優位性があります。

実際、スプレッドの幅を狭めるために他の取引所からBybitに切り替えた方や、Bybitに切り替えたことで投資成績が安定して良くなった、という方もいました。

スプレッドは投資利益に直結する非常に大切な要素なので、是非スプレッドの幅の狭いBybitを活用する事をオススメします。

\登録人数120万人以上!/

レバレッジ最大100倍!

\ハイレバで今すぐ取引したい方はコチラ/
Ranking1
トレードオタクが選ぶ海外FX14社ボーナスランキング&比較はコチラ